Home > プレスリリース

プレスリリース

拓南産業及び拓南本社の合併のお知らせ

2018.10.1

拓南産業株式会社、拓南本社株式会社

拓南産業株式会社(存続会社)と拓南本社株式会社(消滅会社)は平成30年10月1日をもって合併し、
同日、社名を拓南本社株式会社と変更致しました。
新体制のもと、役員・社員一同努力研鑽していく所存でありますので、
今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

母屋・胴縁材の沖縄県産品「美ら鐵」を販売開始しました!!

2018.8.31

拓南製作所株式会社(旧拓南鐵建、拓南伸線、沖縄ガルバ)

屋根・壁に使用される下地を沖縄の県産品「美ら鐵」と称し販売を開始しました!
躯体図(承認図)を基に、拓南製作所で製作図を作成し加工します。
詳細はこちらをご確認下さい。

『カラーマーキング ネジテツコン』生産開始!

2016.9.20

拓南製鐵株式会社

ネジテツコン識別を容易にするため「カラーマーク」を塗布!!

『カラーマーキング ネジテツコン』生産開始! II

2016.9.26

拓南製鐵株式会社

受入検査、配筋検査時等の目視確認がらくらくに!! お客様の施工管理が各段に向上します!!

『ネジテツコン』 フルサイズ生産可能となりました!

2013.11.1

拓南製鐵株式会社

『ネジテツコン』 フルサイズ生産可能となりました!

    

【 鋼 種 】 SD295A SD345 SD390 SD490

【サイズ】 D10 D13 D16 D19 D22 D25 D29 D32 D35 D38 D41 D51

T-コンに「サイズ」を表示しました

2012.7.30

拓南製鐵株式会社

鉄筋コンクリート用棒鋼(T-コン)の表面へ識別を容易にするため

「D10 D13 D16 D19 D22 D25 D29 D32 D35 D38」までにサイズマークを刻印!!

2011.8.26

拓南製鐵株式会社

1948年9月の創立以来、県内企業の工業標準化や品質管理の普及に取り組んできた沖縄県JIS協会の第38回通常総会が開かれ、拓南製鐵の古波津昇社長が7代目の会長に選出された。

常連客提供の「ユリ」で緑化表彰

2011.1.13

拓南商事株式会社

拓南商事は1月13日、(社)沖縄県産業廃棄物協会の「新春のつどい」で、同協会緑化コンクール実行委員会より「特別企業賞」の表彰を受けた。下平川リサイクル(沖永良部島)からいただいた100個のユリ球根を植栽し、駐車場横の沿道で4月下旬から5月上旬に満開のユリが楽しめる。

工業用石灰が 「JIS取得」

2011.1.11

拓南製鐵株式会社

拓南製鐵は1月11日、工業用石灰のJIS認証を受けた。沖縄県内で工業用石灰を生産しているのは、同社の名護石灰工場のみ これで、品質をさらにアピールできることになった。拓南産業が総代理店として販売している。

拓南商事が  「ISO14001登録」 環境マネジメントシステム

2011.3.1

拓南商事株式会社

自然環境の保全と汚染の防止を目指す拓南商事が2011年1月6日、拓伸会で初めてISO14001(国際標準規格の環境マネジメントシステム)の認証を受け、登録をしました。

拓南製鐵が、産業新聞に掲載されました。

2009.12.8

拓南製鐵(株)

日刊産業新聞 平成21年12月8日(火)付
「ロス防止広範囲で成果安全面も全社で取り組み」が掲載されました。

「鉄の記念日」祭事が行われました。

2009.12.1

拓伸会

12月1日、毎年恒例の「鉄の記念日」祭事が拓南製鐵(株)新中城工場の伏見稲荷神社・産業之宮前で行われました。
 拓伸会11社の役職員が参列。古波津会長による修祓の儀、祝詞奏上に続いて、各社代表が玉串を捧げました。その後、鉄業の発展と拓伸会社員及びその家族の安全と健康を祈願し、各自で作成した「人形(ひとがた)」を焚きあげました。

 写真1・2 祭事の様子
 写真3   鉄の記念日の由来

「ふるさと企業大賞」を受賞しました。

2009.10.29

拓南製鐵(株)

 





拓南製鐵(株)は、(財)地域総合整備財団より「ふるさと企業大賞」を受賞いたしました。「拓鐵興琉」の社是のもと、沖縄県唯一の鉄鋼製造業として、長年にわたり鉄筋コンクリート建築の普及に尽力してきたこと。さらに、ものづくりの原点として技術者養成にも力を入れた結果、雇用の安定維持につながっていると高く評価されました。

「第33回沖縄の産業まつり」に出展しました。

2009.10.21

拓伸会

「第33回沖縄の産業まつり」が平成21年10月23日(金)?25日(日)の3日間、開催されます。 拓南製鐵(株)、拓南商事(株)、拓南伸線(株)、沖縄ガルバ(株)の拓伸会合同ブース(第4会場サブグランド)では「スクラップ収集→鉄筋製造→二次加工→溶融亜鉛メッキ加工」という一連の流れをパネルやビデオ放映などでご紹介しております。また、クイズゲームもあり、お楽しみいただけます。私たちが分かりやすく丁寧にご説明致しますので、どうぞ気軽にお声をかけてください。みなさまのご来場を、笑顔でお待ち申し上げております。

「第33回沖縄の産業まつり」(25日雨天のため中止)にご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

拓南製鐵は、労働安全衛生活動において奨励賞を受賞しました。

2009.10.8

拓南製鐵(株)

拓南製鐵(株)新中城工場は、沖縄労働局より労働安全衛生活動において奨励賞を受賞いたしました。
(授賞式:平成21年10月7日(水)名護市民会館大ホール)

「平成21年度 第12回安全衛生大会」が開催されました。

2009.8.26

拓南製鐵(株)、拓南商事(株)

8月26日、拓南製鐵・拓南商事合同による「平成21年度 第12回安全衛生大会」が沖縄県工業技術センター講堂で開かれました。今年度の安全衛生スローガンは「ヒヤリハットの見える化・共有化で 摘み取ろう 災害の芽」。安全衛生目標は「達成しようゼロ災1000日」。
 大会では、災害ゼロに向けた1年間の活動報告や今年度の計画を各社各部ごとに発表し、安全衛生意識を高め合いました。
 その後、沖縄県沖縄警察署交通対策課 末吉清 企画規制係長を招き、「交通三悪(飲酒運転)の実態と事故事例について」と題して、特別講演を行いました。

製鐵「グッジョブ表彰」を受賞いたしました。

2009.7.10

拓南製鐵(株)

7月10日、「みんなでグッジョブ運動推進大会2009」において、拓南製鐵が「沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進功労者表彰」を受けました。受賞理由として、「人材育成を会社の発展に不可欠な要素と位置付け、長期計画で人材育成を行い、技術力とともに企業力を高めている。生産量の4割減産の厳しい状況においても、人材としての社員を守り、企業の責任と信頼をつなぐ雇用の維持に務める姿勢」が高く評価されました。

薩南「無事故無違反」表彰

2009.6.16

(株)薩南物産

5月14日、(株)薩南物産の原料事業部 落合章さんが(財)鹿児島交通安全協会から20年間無事故無違反の優良運転銅章を受賞しました。

6月16日、同じく(株)薩南物産の次長 溝口和明さんが鹿児島南地区安全運転管理協会より表彰状が授与されました。

薩南物産が産業新聞に掲載されました。

2009.9.30

(株)薩南物産

日刊産業新聞
  平成21年9月29日付「ねじ鉄筋切断機導入」の記事が掲載されました。

拓南製鐵が日刊産業新聞に掲載されました。

2009.9.28

拓南製鐵(株)

日刊産業新聞に、

・8月29日付「フープ筋でBCJ評定」
・9月 2日付「ネジテツコン」「T?コンフープ」
・9月15日付「試験室棟が本稼働」

の記事が掲載されました。

西原ゴルフアカデミー始動!

2009.9.10

拓南産業(株)

拓南産業(株)西原グリーンセンターは、「西原ゴルフアカデミー」を始めました。
 初心者からすでにゴルフを始められている方まで「レベル目的に合った楽しく分かりやすいレッスン」を行います。最新スイング解析システムを導入し、スイングの映像を見ながら修正練習も可能です。インストラクターの親切丁寧な指導のもと、ゴルフの楽しさを実感していただけます。また、「ジュニアゴルフ教室」も行っておりますので、この機会にぜひどうぞ。
詳しいお問い合わせは、西原グリーンセンター 098(945)5456

CO2削減対策に有効 加熱炉を省エネルギー化

2009/2/2

拓南製鐵(株)

蓄熱式バーナー導入 燃料ガス化
拓南製鐵は、丸鋼・異形棒鋼を製造する圧延プロセスにおける加熱炉の省エネルギー化のため、蓄熱式バーナーを導入し、併せて、燃料をC重油からLPG(ブタン)に転換する新設備に着手しました。
この新設備は、熱効率の向上などを図る製造業者(エネルギー使用合理化事業者)に対して事業費補助を行うNEDO(独立行政法人・新エネルギー産業技術総合開発機構)の支援事業で認められたものです。新設備の最大のメリットは、蓄熱式バーナーの導入により、廃熱回収の極限化を図れることです。新設備による省エネ計画を20%としていますが、今後の圧延スケジュールやバーナーのより効率的な使用方法などを工夫していくことによって、省エネ率を25%にまでもっていけるものと見込んでいます。
さらに、C重油からLPGへの燃料転換により、CO2の削減が10分の1になります。また、メンテナンスでも、ガスへの燃料転換によって、C重油による酸性腐食の減少が期待できるため、トータル的に見てもコストダウンが期待できます。
ゼロエミッションに向けてまい進するリサイクル産業として、いかに環境に優しく、いかに省エネ化をはかるかを考えています。

拓南製鐵の2団体が最高賞受賞

2008/12/25

拓南製鐵(株)

QCサークル沖縄支部の発表大会で
拓南製鐵の圧延部工務課「グルクンサークル」(リーダー・玉城斉)と製鋼部「チームレードル」(リーダー・高江洲薫、大城裕之、大城俊彦)が10月16 日、QCサークル沖縄支部(下地恵昇支部長)主催によるQCサークル大会で、いずれも最高賞にあたる支部長賞を受賞しました。

「鉄の記念日」祭事を開催

2008/12/25

拓伸会

新中城工場で「ふいご祭り」
拓伸会は12月1日、第2回「鉄の記念日」の祭事を、新中城工場の伏見稲荷神社・産業之宮前で行いました。祭事ではまず、古波津清昇会長が修祓の儀・祝詞奏上を行い、そして、拓伸会各社の出席取締役全員と協力企業各社代表が、玉串を捧げました。
その後、古波津昇・拓南製鐵社長が、鉄業の発展、従事者・拓伸会社員の安全と健康を祈願を行い、「ふいご祭り」に移り、古波津社長が、焚き上げを行いました。

拓南伸線が新JIS取得

2008/12/25

拓南伸線(株)

「鉄線」「溶接金網」
拓南伸線は九月、「鉄線」「溶接金網」で新JISを取得しました。製品認証制度が国から民間の第三者機関へ移行したことから、旧JISの「鉄線」および「溶接金網」を新JISで取得し直すため、取り組みを開始し「鉄線」は9月22日、「溶接金網」は9月26日にそれぞれ新JISを取得しました。

(株)薩南物産創立20周年

2008/6/1

(株)薩南物産

(株)薩南物産が6/1に創立20周年を迎えました。皆様に支えられて20年。これからも末永いお付合い宜しくお願いします。

天然資源保護を積極的に推進?総合事務局表彰

2008/5/22

拓南製鐵(株)

「鉄筋生産と普及に尽力し、戦後沖縄の復興発展に貢献したことはもとより、近年においては粗鋼を生産する際に副産される電気スラグを加工、土砂代替品としてリサイクルし、天然資源保護を積極的に推進している」と5月22日表彰されました。

県内初 高強度ネジテツコンを生産

2008/4/10

拓南製鐵(株)

4月10日、沖縄ハーバービューホテルで記者会見を行い、県内での鉄筋コンクリート住宅の普及・高層化の進展とコスト削減を目的に、「ネジテツコン(高層ビルなどに使用する高強度ねじ状鉄筋)を県内で初めて生産する」と発表。東京鐵鋼との生産(OEM)提携を明らかにしました。

『Hグレード』にステップ・アップ

2008/4/1

拓南鐵建(株)

大型工事の受注に期待?全国鉄骨評価機構の工場性能評価
4月1日、全国鉄骨評価機構から、工場性能評価のステップ・アップが「適合」と認められ、『Hグレード』の認証を受けた。同グレードの認証企業は、今年 3月31日現在、全国で約220社(県内4社)。拓南鐵建は大型物件によるグレード指定に対応できるようになりました。

「鉄の記念日」「吹子(ふいご)祭り」

2007/12/1

拓南製鐵(株)

毎年恒例の「吹子(ふいご)祭り」など鉄に関わる行事を「鉄の記念日」12月1日に行うことに決定しました。

溶鉱炉が日本に導入されて150年、沖縄では50年にあたる昨年(07年)の12月1日、県内で初めてとなる『鉄の記念日』の関連記念行事が、拓南製鐵・新中城工場の稲荷神社ならびに産業之宮前で行われた。
その祭式では、波上宮宮司を招き、拓伸会10社の役職員が参列。毎年12月8日に行ってきた「吹子祭り」も、今回から同日に移した。

「工業標準化事業貢献」表彰

2007/10/29

拓南製鐵(株)

拓南製鐵(株)専務取締役 仲座清正が、内閣府沖縄総合事務局より、「工業標準化事業貢献」を表彰されました。

「沖縄の産業まつり」に出展

2007/10/26

拓伸会

拓伸会が「沖縄の産業まつり」に出展しました。
スクラップ収集(拓南商事)から鉄筋製造(拓南製鐵)、二次加工(拓南伸線・沖縄ガルバ・拓南産業)という拓伸会の仕事を一連の流れで紹介しました。

南部振興会表彰式で「特別功労」表彰

2007/7/13

拓伸会

南部振興会表彰式で古波津会長が「特別功労」で表彰されました。

西原サービスセンターが大変身!

2007/6/21

拓南産業(株)

西原サービスセンターが大変身!
同時給油がこれまで5台だったが、8台まで可能となった。その8台のうちスタッフによるフルサービス給油(AM8時?21時)は4台まで、セルフサービス給油(24時間)が4台まで。洗車もスタッフによる手洗い車、機械洗車の二通りから選べる。
機械洗車は、ドライブスルー型を新たに導入しお客様の作業負担を軽減しました。

第15回(平成19年度)財団法人・古波津製造業育成基金「製造業起業賞」

2007/6/4

古波津製造業育成基金

第15回(平成19年度)財団法人・古波津製造業育成基金「製造業起業賞」は、紅茶製造の沖縄ティーファクトリー(内田智子氏)「技術功労賞」は琉球バイオリソース開発に表彰されました。

「拓南製鐵(株)創立50周年祝賀会」

2007/6/1

拓南製鐵(株)

皆様に支えられて半世紀 感謝の気持ちをこめて祝賀会が行われました

「酸化スラグ再生砕砂」が県リサイクル資材に認定

2007/3/28

拓南製鐵(株)

「酸化スラグ再生砕砂」が県リサイクル資材に認定されました。
酸化スラグとは、電気炉で鉄スクラップを溶かして粗鋼ができるときに生まれれるアクのようなものでいままで産業廃棄物として処分していた。
酸化スラグを路盤材に利用すると、風化して粉状になることがほとんどなく飛散もないといわれている。適度な水硬性があるため、締め固め後は、車両が通過しても轍が残りにくい。

「ビジネスオンリーワン部門」を受賞

2006/11/30

拓南商事(株)

拓南商事(株)が、2006年度「沖縄ビジネス大賞」に輝いた沖縄県と県産業振興公社が主催する「おきなわビジネス大賞」で、『コンパクトかつ低コストで再資源化する技術』が高く評価され、グランプリに当たる「ビジネスオンリーワン部門」を受賞しました。

拓南製鐵株式会社 新JISマーク取得

2006/8/2

拓南製鐵(株)

拓南製鐵株式会社 新JISマーク取得
審査機関 日本検査キューエイ株式会社(JICQA)
取得規格 JIS G 3112 鉄筋コンクリート用棒鋼
JIS G 3505 軟鋼線材

「沖縄の製造業 振興五十年」発刊

2005/4/29

拓南製鐵(株)

拓南製鐵(株) 古波津会長が、戦後沖縄の経済状況を自身の歩みと詳細な経済データで記した著作「沖縄の製造業 振興五十年」発刊しました。
沖縄タイムスの記事へのリンク
琉球新報の記事へのリンク

耐風性簡易施工型ハウス

2004/5/16

拓南伸線(株)

耐風性簡易施工型ハウス/台風時には即時補強/農業試験場と拓南伸線、第一農薬が共同で開発

簡易型ビニールハウス開発

2004/5/15

拓南伸線(株)

簡易型ビニールハウス開発/台風OKストもOK/夏場も利用可能に/県農業試験場など

[親子のための30分環境講座]

2004/3/18

拓南製鐵(株)

[親子のための30分環境講座]/今週の講師・比嘉秀義/静脈産業/使用済み製品を再利用/戦後のスクラップブームもその一つ・製鉄所も誕生・資源を循環

廃車買い取り再開

2004/1/16

拓南商事(株)

廃車買い取り再開/くず鉄高騰で2社/不法投棄解消へ期待

発明くふう展の特許・実用新案の部=県知事賞で優秀賞

2003/10/24

拓南商事(株)

磁性流体を用いた比重分離システムが発明くふう展の特許・実用新案の部=県知事賞で優秀賞をいただきました。