Home > 拓南製鐵 > よくある質問

拓南製鐵 よくある質問

Q1. SD295A、とSD345の用途の違いは
一般に「鉄筋」といわれているものは、日本工業規格(JIS)で鉄筋コンクリート用異形棒鋼(JISG3112)と規定されており、強度の種類別にSD295A、SD295B、SD345,SD390,SD490の5種類があります。 一般的に使用されているのが上記のSD295A、SD345となります。 さて、SD295AとSD345の用途の違いは、鉄筋の機械的性質上から言えば※1降伏点及び※2引張強さの違いがあり、SD295AよりもSD345の方がいずれも優れています。 用途の違いは、設計段階での強度計算や配筋等によって設計士が決定しますが、高層の建築物や土木工事等でかなり耐力を要する構造物の場合はSD345やSD390の鉄筋が多く用いられています。
※ 1 降伏点
降伏点とは、その値までの外力には弾性変形するが(外力がなくなると元に戻る)その値以上の外力がかかると、塑性変形してしまう値を言います。鉄鋼材料の機械的性質の基本である引張試験で、引張力を掛けていくと材料が比例的に伸びますが、ある値で伸びだけがでるようになります。その後、力を加えると伸びが急速に出るようになり破断に至ります。この伸びだけが出る値を降伏点といいます。

※ 2 引張強さ
引張強さとは、試験片が破断せずに耐えうる最大荷重を初期の材料断面積で除した値のことであり、引張強度とも言います。機械を設計する際には材料の強さを表す代表的な応力の値であり、機会が破壊する最大応力として用いられます。しかし、機械設計においては降伏点が重要な値として用いられ許容応力は降伏点以下にとるのが原則です。それは、降伏点以上の応力が作用すると、荷重を除去しても永久変形が残るからです。
Q2. SD295AとSD295Bの違いは
降伏点及び引張強さに違いがあります。機械的性質については下記の通りです。
設計士の判断で鉄筋の使用箇所により、降伏点の範囲が必要な場合があり、その場合についてはSD295Bを使用する場合があります。(例えば、耐震構造上、設計段階で降伏点の範囲が必要な場合等)但し、現状はSD295AとSD345が一般的に流通しております。 SD295Bの生産は現状行っておりません。SD295Bが指定されている場合には、機械的性質を満足しているSD345で対応しております。
Q3. SD490の生産は可能か
SD490の供給体制を構築しております。 需要見込みについてはこのところ拡大しており、設計士及びゼネコンの皆様から問い合わせが増えています。 SD490について検討なされている皆様は、当社までご連絡ください。

拓南製鐵株式会社

本社
那覇市壺川3丁目2番地4(拓南ビル3F)電話:098-832-0588

新中城工場
沖縄市海邦町3番26 電話:098-934-6822

石灰工場
名護市安和西部間2656-2番地 電話:0980-53-8018
Q4. SS、SR、SDの違いについて教えてください
JIS規格の棒鋼・形鋼・鋼板類に付けられる記号のことで、種類に応じて、一般構造用圧延鋼材(SS材)、鉄筋コンクリート用棒鋼(SR材、SD材)に分ける事が出来ます。 SS材については多くの種類があり、鋼板、鋼帯、形鋼、平鋼及び棒鋼が一般的に知られており、機械的性質(引張強さ)毎にSS330 、SS400 、SS490 、SS540があります。一般構造用圧延鋼材の中で最も需要が多いといわれております。 また、SR材、SD材は鉄筋コンクリート用棒鋼の種類で、SR材は丸鋼、SD材は異形棒鋼と分けることが出来ます。 異形棒鋼(SD材)は表面に節やリブといった突起を持つもので、逆に丸鋼(SR材)は表面に突起のないものをいいます。 通常、鉄筋といわれるのは異形棒鋼(SD材)のことをいいます。
Q5.鋼種のポンチマークの個数について
種類を区別する表示方法のことで、これもJIS規格で決まっております。 表示方法には2種類あって、圧延マーク(ポンチマーク)と、製品の片端面に塗布される色別塗色があります。 いずれも、規格の違う鉄筋を間違って使用しないための識別表示となっております。

Q 6.D41、51はどのような現場(工事)に使用されているのですか
通常、D41 やD51 については大型の橋梁やトンネル工事、治水灌漑かんがい、ダムなど用されます。

※D41 、D51の主な使用現場
・古宇利大橋  ・モノレール工事  ・杉田大橋  ・高層マンション
Q7. 生産されているサイズとサイズ毎の単位質量を教えてください
サイズ毎の質量は下記の通りとなっております。 当社の生産サイズはD6〜D51とJIS規格で定めている多サイズを生産しています。 1工場で多サイズを生産しているメーカーは全国的にも少なく当社の特徴のひとつとなっています。顧客の多様なニーズに応えるため、それぞれのニーズに適したサイズの生産を実施しております。
Q8. 直径の測り方を教えてください
基本的には測定は出来ません。
鉄筋は丸鋼や形鋼のようなもとの違い節やリブの突起物があるため直接、測定が出来ないのです。それ以外で実測できる測定項目としては、単位質量、節の高さ、節の平均間隔、リブの和の最大値があります。
直径は直接測定が出来ないためJIS規格では公称直径といって、D10〜D51のサイズ毎に定義し ており、それについては仮想の径になります。
Q9. 鉄筋についているTCマークは何の略ですか?また何メートルおきに表示されていますか?
鉄筋に表示されている『TC』のマークを圧延マーク(ロールマーク)といいます。
Tは拓南製鐵(Takunan Steel)を、C は鉄筋(Concrete Bar)の頭文字をそれぞれ表しています。
このマークは約1メートルおきに表示されております。
Q5を参照して下さい。
Q10.何メートルまで作っていますか
3.5メートルから12メートルまでの0.5メートル単位で生産しております。
Q11.鉄筋を直接購入したいのですが
当社は、直売は行っておりません。
お近くの特約店へお問合せください。

【T-con特約店一覧】


■金秀鋼材株式会社
本社:西原町字小那覇1212番地 TEL 098-944-5566
中部営業所:沖縄市字知花5-36-20号 TEL 098-934-6666
読谷営業所:読谷村字伊良皆235番地 TEL 098-957-1234

■那覇鋼材株式会社
本社:豊見城市字高安593番地1  TEL 098-850-7171
宜野湾支店:宜野湾市上原2丁目5番地8号 TEL 098-892-2525
中部支店:沖縄市知花2丁目16番1号 TEL 098-939-1825
北部支店:名護市字宮里1475番地 TEL 0980-52-7575
宮古支店:宮古島市平良字下里1042番地の1  TEL 09807-3-0389
石垣支店:石垣市真栄里323番地 TEL 0980-88-1188

■沖縄県建設事業協同組合
浦添市牧港5-19-1番地 TEL 098-878-1810

■株式会社沖縄建材
浦添市勢理客4-3-1番地 TEL 098-877-2711

■拓南鋼材株式会社
本社:中城村字泊474番地1  TEL 098-895-7001
糸満ヤード:糸満市西崎町5丁目5番地2  TEL 098-994-3638

■拓伸商事株式会社
本社:大阪府大阪市福島区福島7-13-7 福島ビル北館  TEL 06-6453-0219
福岡営業所:福岡県福岡市博多区博多駅前1-4-4 JPR博多ビル4F TEL 092-481-3750

■株式会社薩南物産
鹿児島県鹿児島市谷山港2-25番地 TEL 0992-62-1566
Q12.1束毎に鋼番が違うのですか
いいえ違います。まず鋼番について説明します。

当社は電気炉で鉄スクラップを熔解しインゴット(ビレット)の状態で固めます。その後ビレットを大型のロールで延ばして(圧延)、成形して最終的に鉄筋を製造します。

鋼番とは、電気炉1バッチ(ひと釜)分の溶鋼の識別番号で通常7 5tが目安となります。ですから1つの鋼番で約75t分の鉄筋が出来るわけです。

※鋼番の記入されている荷札は、ミルシート作成の基になりますので大切に保管してください。
Q13.バーインコイルとは
バーインコイルとはコイル状にした丸鋼のことを総称していい、当社では軟鋼線材(SWRM材、C18D、C20D)、及び一般構造用圧延鋼材(SS材)のバーインコイルを揃えております。 両方とも外観はほとんど一緒ですが化学成分が異なり、それによって引張強度や降伏点強度も異なり用途も違ってきます。 軟鋼線材(SWRM材、C18D、C20D)は通常、鉄線や亜鉛めっき鉄線などの製造に用いられ、みなさんの身のまわりでは、ワイヤーメッシュの形状でご覧になることが多いでしょう。 一般構造用圧延鋼材(SS材)は通常、形鋼などで使用されることが多く、橋、船舶、車両その他の大型の構造物に用いられます。当社で製造しているコイル状のSS材は型枠のセパ材やヒューム管の鉄線等に使用されています。
Q14.異形コイルとは
異形コイルとはバーインコイルの様な丸鋼ではなく、節やリブのある異形棒鋼をコイル状に巻いたものです。コイル状にすることで、直棒と比べて加工時のロス(切りしろ)が減少し歩留まりが向上すると共に、多様な形状・寸法に対し効果的な加工が可能です。また、材料保管にも有効です。
当社のコイルは単重が約1.5トンで左巻き(反時計方向)で鋼種、サイズは下記の通りです。
Q15.軟鋼線材とは
JIS規格のJISG3505ではLow Carbon Steel の英訳を意味します。
その名の通り、カーボン(炭素)量が少ない(通常のSD材と比較して)鋼材の事です。
鋼材は一般的にカーボン量が少ないと伸びが大きくなる傾向があり、軟鋼線材はその特徴を活かした使用方法でセパレーター等に用いられます。
Q16.シルバー鉄筋はめっきした際、強度はどうなるのか?また、曲げ加工でめっきが剥離しないか
シルバー鉄筋とは、鉄筋を溶融亜鉛めっき加工したもので、優れた耐食性を持つ鉄筋です。
そのシルバー鉄筋の強度は、めっき加工前とほとんど変わりません。

また、シルバー鉄筋の曲げ試験の結果を見ると、亀裂や剥離は生じておらず、耐食上には影響しない極微細なクラックが認められる程度であり、犠牲防食作用が働き、仮にめっきが剥離してもそこから容易にさびが発生する心配はありません。
他の防錆鉄筋のように移動や配筋の際に特殊な冶具を使う必要がなく、通常の鉄筋と同様な加工や作業が出来ます。
Q17.犠牲防食作用とはなんですか
溶融亜鉛めっき加工を施したシルバー鉄筋に、なんらかの理由でキズが生じた場合、周囲の亜鉛が陽イオンとなり、電気化学的に鉄の腐食を抑制する作用をいいます。
この鉄に対する犠牲的防食作用は亜鉛特有のものです。中学校で習ったイオン化傾向を利用しています。
Q18.JIS G3112、G3505は何の略
日本工業規格(JIS)は、工業標準化法に基づいて制定される国家規格であり、その規格の中でG3112という規格番号は、鉄筋コンクリート用棒鋼を表し、G3505は軟鋼線材を表しております。
Q19.ミルシートで記載された化学成分、引張試験のおおまかな説明をお願いします
鉄筋の主元素はもちろん鉄(Fe)になるのですが、鉄筋の機械的性質に大きく影響する5元素、カーボン(C)、シリコン(Si)、マンガン(Mn)、リン(P)、硫黄(S)、をミルシートに記載しております。
ミルシートではその鉄筋がそれぞれの化学成分の規定値内で生産された事を表示しております。また、ミルシートではその鉄筋の標点距離や降伏点強度、引張強度、伸びを測定する引張試験と、曲げ試験の測定結果を表示しており、その鉄筋がJISの規格に合格していることを証明することができます。
Q20.ミルシート発行の問い合わせについて
ミルシートの発行については、当社営業部の窓口で行っております。
一般的には客先に鉄筋を納品頂いた特約店からミルシートの発行依頼があり、それに基づいて発行しております。
※ご不明な点があれば当社、特約店へお問合せください。
Q21.ミルシート表示の違い
当社のミルシートには、製品検査証明書と事前承認用検査証明書があります。
製品検査証明書は、すでに当社製品を購入して頂いたお客様に対して製品の品質保証をする為に発行しております。 事前承認用検査証明書は、契約前や契約時に当社の製品がお客様の要求する内容の製品か確認して頂くときに発行しております。
どちらも、当社の製品を安心して使用して頂くための重要証明書となります。
Q22.標点距離について教えてください
多少専門的な話になりますが、鉄筋の引張試験で伸び率を測定する際、試験片にあらかじめ、目印を2点付けます。
引張試験の前後でこの2点間の距離の差から伸び値を算出しますが、あらかじめ目印をした試験前のこの2点の距離のことを標点距離といい、JIS規格ではこの標点距離をサイズ毎に表のように定めております。
Q23.鉄筋の結束本数を教えてください
鉄筋を束ねる本数はサイズによって異なり、表の通りとなっています。
また、D10とD13に関しては小結束も行っており、D10は小束60本、D13は小束40本になっております。

Q24.製品はサイズ・長さ、すべてストックされているのですか
当社は、JISに規定されている全鋼種、サイズ、長さを生産しておりますが、基本的には受注生産のスタイルを取っております。 ※お問合せがありましたら当社、特約店へお問合せください。
Q25.H鋼も生産していますか
H鋼(形鋼)は生産しておりません。
Q26.スクラップの引き取りはできますか
当社の方では、直接のお引き取りは行っておりません。
スクラップの引き取りについては、当社の関連会社である拓南商事(株) が取り扱っております。
廃家電、廃車輌の適正処理も行っております。
鉄スクラップは当社の原料となる貴重な資源です。リサイクルで有効利用しましょう!

拓南商事(株)
Q27.高炉と電炉の違いについて教えてください
高炉とは、鉄鉱石とコークス・石灰石等を入れ、熱風を送り銑鉄や粗鋼、鋼材等を造る大きな円筒形の炉のことで、溶鉱炉の代表的なものです。
高い位置から原料等を投入することで構造的に高くなり、高炉と呼ばれています。
高炉は通常、いったん火を入れると、炉内の耐火レンガの寿命が尽きるまで(通常3年〜5年)昼夜を通して操業を続けます。
また、電炉(電気炉)とは、鉄スクラップを主原料とし、電力を用いたアーク熱で鉄スクラップを熔解する炉のことで、主に鉄と炭素の合金からなる普通鋼を生産し、棒鋼、形鋼、線材などを主製品としており、当社は電炉メーカーに属します。

当工場は、製鋼工場と圧延工場とに分かれており、製鋼工場では県内から集められたスクラップを電気炉で溶かし、LFにて成分の調整と温度の均一化を行ないます。その後、連続鋳造設備にて鋳型で一定の寸法で固められ製品の長さに切断されます。これを鋳片と呼びます。
圧延工場では、生産された鋳片を圧延機で延ばし、製品を作ります。異形鉄筋は、冷却床で冷却された後に、切断され結束されます。軟鋼線材は、レイングリールにてコイル状に巻かれ出荷されます。
Q28.ネジテツコンについて教えて下さい。
ネジテツコンは平成20年4月、東京鐵鋼株式会社とネジテツコン生産(OEM)提携しD19〜D41のサイズを生産しています。
特長は表面のフシが全長にわたりネジ状になった異形棒鋼です。
鉄筋同士を接合する際、カプラーを用いるのですが鉄筋がネジ状なのでネジを締める原理で接合できます。
先組を行う事での効率よく施工することができ又、柱回りの定着部分にプレートナット工法を用いる事で柱、梁の 納まりを簡素化することができます。

 

(クリックでPDFファイルが開きます)